2010年09月06日

1.エネアド(キューの09)

【馬名】 エネアド(キュー の09)
【由来】エジプト九柱の神々。ギリシャ語で「9」を意味するエネアより。 母名の響き及び生まれ年より連想。(希語)
【性別】 牡
【毛色】 鹿 
【父】 ティープインパクト
【母】 キュー (母父 フレンチデピュティ )
【生年月日】 2009年1月15日 生まれ
【生産牧場】 白老F 
【募集価格】 6000 万円(一口価格 15 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【カタログのコメント】 その名を知らずとも、他馬の追随を許さない圧倒的な存在感を生まれながらに備えた本馬に、瞬きするのを忘れる衝撃を受けるかもしれません。細部に目を凝らしても一切の隙がなく、高精度のパーツが設計図どおりに組み付けられたかのようです。父がそうであるように軽く無駄のないことが機能性を高める上で最良であり、馬房から踏み出す最初の一歩目から、基本性能の違いが感じ取れる程です。澄んだ瞳は兄に似た純粋さを表しており、騎乗者の意と合致して勝負所を逃さぬレースセンスに長けることでしょう。王道で本流の力を証明できる一頭です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1997 生まれ、本馬は 12 歳の時の産駒
【母の戦歴】 "米国産,米7勝,ロングアイランドH-G2,New
Castle H,Going Up S,ヴァイオレットH-G32着,Calder Oaks2
着,Navajo Princess S2着,Searching S2着,ギャロレットH-G34
着,ザベリワンH-G34着(2回),スウィーテストチャントS-G3
4着,Anka Germania S4着"
【母の引退時期】 不明 (引退年齢 不明 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2004米国
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 不明

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "キューは、当初ダートの重賞戦線でかなり走ったと推察されたことから、その影響から繁殖ポテンシャルが低い可能性があるとしていました。一方、米ダート血脈特有のタフさについても触れ、この馬のポテンシャルの解析は難解だというコメントしていたところですが、奇しくもブレイクランアウトの活躍で、繁殖ポテンシャルの高さを、ある程度立証したと言えそうです。
ただし、産駒数が少ない中ではありますが、コンスタントに高い成績を上げているわけではないことから、まだ、絶対の信頼を持って推すことは難しいとも言えそうです。
ただ、ポテンシャルの高さを認めた上で、繁殖適期年齢を外れていない現状では、まだまだ相手次第で大爆発はあると見て良いと思います。特に今回のディープインパクト産駒は魅力的だと言えますね。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 "Northern Dancer 9.38% 5 x 5 x 5
Bold Ruler 6.25% 5 x 5 "
−−−−−−−−−−
【父】 ティープインパクト
"【競走成績】
日仏で2〜4歳時に14戦12勝。05、06年年度代表馬。日牡馬三冠

【種牡馬成績】
07年より供用。ヒラボクインパクト、サイレントソニック等が新馬勝ち"
−−−−−−−−−−
【母父】 フレンチデピュティ
"【競走成績】
米で2〜3歳時に6戦4勝。ジェロームH-G2(ダ8F)

【種牡馬成績】
96年より供用。クロフネ(ジャパンCダート-JPN1、NHKマイルC-JPN1)、レフトバンク(ホイットニーH-G1、シガーマイルH-G1、ヴォスバーグS-G1)、レジネッタ(桜花賞-JPN1)、アドマイヤジュピタ(天皇賞・春-G1、阪神大賞典-G2、アルゼンチン共和国杯-JPN2)、エイシンデピュティ(宝塚記念-G1、金鯱賞-G2)、ピンクカメオ(NHKマイルC-JPN1)、ノボジャック(JBCスプリント-JPN1、東京盃-JPN2)、フレンドシップ(ジャパンダートダービー-JPN1)、ジェネルー(5 月25日大賞典-G1)、メイショウベルーガ(日経新春杯-G2)、サンアディユ(セントウルS-G2)

【母の父として】
ヴィジョネア(キングスビショップS-G1)、キングオブシドニー(ヘンケルトロフィー-G2)、ノーショナル(サンラファエルS-G2)、スズカコーズウェイ(京王杯スプリングC-G2)、ブレイクランアウト(共同通信杯-G3)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "母父フレンチデピュティの産駒は、高速馬場を得意とし、高いスピード持続力を持っているのが特徴です。BMSとしてもこれからサンデー系種牡馬との相性を考えれば、相当期待は高いと思います。

母母父ボールドスキは、スタミナと粘りに定評のあるニジンスキー系種牡馬で、自身は現役時代、短−中距離を走り、27戦7勝しましたが、重賞は未勝利で思ったような活躍はできませんでした。
しかしながら、その中でまずまずの種牡馬成績を収めたといえそうで、日本ではベッラレイアのBMSとなっています。

そもそもは日本の高速の芝より、むしろ時計のかかるダートにこそ合った血統だと思っていましたが、重そうなブレイクランアウトが芝で活躍したという点、本馬の父ディープインパクトの産駒が芝で良績を上げている点などから、本馬にも高い芝適性がある可能性は高いと思います。

その父ディープインパクトは、言わずとしれた日本の三冠馬です。
サンデーサイレンス産駒は、現役時代に活躍した馬が名種牡馬になる確率が高いのが一つの特徴ですので本馬の活躍も大いに期待できますが、三冠馬は種牡馬として成功しないというのが競馬界の常識ですので、そのジンクスも一緒に打ち破って欲しいところです。
ディープインパクトの血統構成ですが、父サンデーサイレンスは、スピードのみならず、闘争心を決め手や粘りにかえた、聡明かつ野性的な馬であり、かなりの優性遺伝力をもった名馬であることは疑いようがありません。
一方、母系ですが、分析すると非常に重厚なスタミナ血統で母父アルザオは、タフなスピード持続系であるリファール系の種牡馬、母母父バステッドBustedは、キングジョージY&QES−GI、エクリプス賞−GIなど中−長距離を中心に活躍し、英年度代表馬になった名馬で、スタミナ豊富なブランドフォード系、母母母父クィーンフッサーQueen's Hussarは、フェアウェイ系の種牡馬で、フェアウェイの4×4×4のクロス、フェアトライアルの3×3の強いクロスをもっていて、キングジョージなどGI7勝の稀代の名馬ブリガディアジェラードBrigadier Gerardの父として有名、母母母母父ボーリアリスは、コロネーションC−GI、英セントレジャー−GI2着など19戦7勝と活躍しましたが、スタミナ豊富なテディ系の長距離馬です。
母系のボトムラインは、これでもかというくらいのスタミナベースで、そこにサンデーサイレンスは、やはり走るパターンと言って良いでしょう。
もうひとつ、この種牡馬の産駒を評価する時、忘れてはいけないことがあります。
それは、ディープインパクトは、その兄弟が馬体が比較的大きく、それゆえ脚元の故障で能力を最大限発揮できないまま競走生活を終えたのに対して、馬体が小さかったことが幸いし、蹄に持病を抱えていたにも関わらず、それ以外の致命的な故障を引き起こさなかった可能性が高いと言えます。これは多くの関係者も、そのように考察しています。
つまり産駒が大きい馬体に出た場合には、脚元の不安が常につきまとう可能性もあるということです。
しかしながら、もしかしたらこれも杞憂に終わる可能性があります。
というのは、現時点で各クラブで募集されているディープ産駒を見ると、比較的馬体が小さく、脚元の負荷は少ない場合の方が多そうだからです。
ノーザンダンサー、ハイペリオン、リボーなど現在の主流血脈を構成する名馬達がいずれも小さい馬だったことを考えれば、ディープインパクトが、数十年後、世界の主流血脈になっている可能性は十分にあると言えます。

父が母系に不足しているスピードと決め手を父が確実に補強してくれるようなら、ブレイクランアウトより活躍する可能性ももちろんあると思います。距離は、マイル−中長距離まで幅広くカバーしそうです。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、特定のクロスの効用や相性(ナスキロなど)については勉強不足。というかあまり興味がない。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 戸田博文
2010リーディング(8.15現在) 57 位、勝利数 13 勝,勝率 0.066 連帯率 0.133 管理代表馬 ウェディングフジコ
2009リーディング 43 位、勝利数 24 勝,勝率 0.072 連帯率 0.157 管理代表馬 シンゲン
2008リーディング 22 位、勝利数 28 勝,勝率 0.089 連帯率 0.165 管理代表馬 キストゥヘヴン

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 153.5
胸囲(cm) 172
管囲(cm) 19.5
体重(kg) 408
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "横からぱっと見て、両脚と胴を結ぶ線がきれいな正方形のシルエットで、フィフスペトルの募集時を思い出しますね。肩の筋肉も含めていかにも短距離馬のそれです。
繋ぎの角度良く、クッション良く、前肢はまっすぐに伸びています。
首さしもそこそこで、短い方かもしれませんが、そんなに詰まった感じではありません。
細さもちょうど良いと思います。
肩の角度や胴の感じから、距離はマイルくらいが中心になりそうです。
胴回りもしまりがよさそうで、トモの頂部の角度は、切れる脚をもつ馬のそれです。
トモの形は逆台形で、寛骨の上に柔らかそうな大腿二頭筋が乗っかり、尻尾のすぐしたの半腱半膜様筋が割れ、大腿筋膜がこの時期にしてはよく発達しています。
飛節の折りは少し深めですが、問題ない程度、飛節もゴリッとして弱さは感じません。
総じて、馬体に欠点はまず無いと言って良いと思います。
顔は、意志が強そうで、かつちょっとうるさそうな感じがします。
歩様は、この時期にしては非常に安定しており、早生まれということですので、早いデビューを期待したいですが、馬体がいかんせん小さく、成長を促しながらの調教になりそうです。
早生まれであること、体高などから、一時的には450キロくらいまで行く可能性がありますが、デビュー時でおそらく440キロ前後あれば良い方でしょう。
馬体が小さいことがマイナスになるのかどうかは、馬体が小さかったディープインパクトの産駒ですので、現段階ではまだなんとも言えませんが、普通に考えれば牡馬ですので、マイナス要因と見るのが妥当だと思います。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルは、ブレイクランアウトの活躍を見ていると低く見積もることはできませんし、繁殖適期内ですから爆発力もあるはずで、ここは勝負どころになるかもしれません。
血統構成も良く、トレーナーもまず問題ないです。
馬体は、いかにもマイラーという感じに出たので、距離は限界があるかもしれません。
それと小さすぎますね。そこは本当に残念です。
血統からもう少し長めに出た方が良かった感じもありますが、スピードと決め手を素直に受け継いでくれたと思えば、むしろスペシャリストとしての活躍が期待できます。
価格は、体型がディープらしくないのと、牡馬にしてはかなり小さいので、個人的には高めだと感じます。
ただ、馬体サイズに限らず走っているディープ産駒ですので、油断はできません。
まあブレイクランアウトの活躍によるご祝儀相場もかなりあると思います。
早生まれでもあり、また兄ブレイクも早い時期から活躍したこともあり、さらに歩様からも早いデビューの感じがあり、もちろん一発が出れば相当すごいことになりそうなのですが、小さいだけに調教は成長を促しながらになるでしょう。そうなるとデビューも遅くなりますが、どうでしょうか。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
posted by 楽天馬 at 00:30| 関東馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。