2010年09月18日

10.アルフレード(プリンセスカメリアの09)

【馬名】 アルフレード(プリンセスカメリア の09)
【由来】 オペラ「椿姫」の登場人物名。主人公の恋人の青年貴族の名。母名より連想。(伊語)
【性別】 牡
【毛色】 鹿 
【父】 シンボリクリスエス
【母】 プリンセスカメリア (母父 サンデーサイレンス )
【生年月日】 2009年4月11日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 2400 万円(一口価格 6 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【カタログのコメント】 母はサンデーサイレンスの直仔らしく皮膚の薄さと筋肉の柔らかさを持った馬で、叔母はフラワーカップではシーザリオの3着。いずれも母系の特徴である丸みをおびた体型は、あと少し体躯の伸びがあればと感じました。長く緩やかな傾斜の肩甲骨を持つシンボリクリスエスの配合はベストマッチと言え、本馬は揺るぎない立ち姿に結実する優れた骨格バランスを有しています。頑強な関節を持つ四肢、肩や臀部の鋼のような筋肉、深い胸とそこを土台に伸びる太い頸部、牡馬の猛々しさが全身から溢れながらも、馬体比率で小さめの頭部が本馬の品位を高めています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 2001 生まれ、本馬は 8 歳の時の産駒
【母の戦歴】 1勝
【母の引退時期】 2007/2/10 (引退年齢 6 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2008/2/22
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 1

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "引退後1ヶ月で繁殖入りしている点はマイナスではありますが、実は2歳に1戦,3歳に3戦,4歳に2戦,5歳に1戦,6歳に1戦とほとんどまともに使われていないですし、成績も1勝ですので、偶然ですが疲労感を残して繁殖入りした可能性は低いと考えます。
今年8歳ですから繁殖としても油がのってくる時期で、ここらで代表産駒が出てもおかしくないでしょうね。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 Hail to Reason 12.50% 4 x 4?
−−−−−−−−−−
【父】 シンボリクリスエス
"【競走成績】
日で2〜4歳時に15戦8勝。02 年、03年年度代表馬。有馬記念-JPN1(芝2500m)2回、天皇賞・秋-JPN1(芝2000m)2回、神戸新聞杯-JPN2(芝2000m)、青葉賞-JPN2(芝2400m)、東京優駿-JPN1 2着、ジャパンC-G13着2回

【種牡馬成績】
04年より供用。08年ファーストシーズンリーディングサイアー。サクセスブロッケン(フェブラリーS-G1、東京大賞典-JPN1、ジャパンダートダービー-JPN1)、アリゼオ(スプリングS-G2)"
−−−−−−−−−−
【母父】 サンデーサイレンス
"【競走成績】
米年度代表馬、米9勝、ケンタッキーダービー-G1。本邦チャンピオンサイアー。本邦BMSチャンピオン。

【母の父として】
アドマイヤムーン(ジャパンC-G1)、スクリーンヒーロー(ジャパンC-G1)、ヴァーミリアン(ジャパンCダート-G1)、トールポピー(優駿牝馬-JPN1)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "母父サンデーサイレンスは、スピード溢れるヘイロー系の大種牡馬で、遺伝力も血の活性力も相当強い種牡馬で、母父に入ってもその威力は衰えをしらず、2007年にリーディングブルードメアサイアーの座を獲得しています。BMSとしては柔らかくしなやかな筋肉と激しい気性を遺伝させると言われていますが、現状ではいずれの特徴も競争能力的にはプラスに働いている場合が多そうです。

母母父サクラユタカオーは、現役時代、天皇賞で記録した日本レコードタイムなど3度のレコード優勝を記録しています。2000m前後の距離で活躍し、種牡馬としても5頭のGI競走優勝馬を輩出しています。
初年度産駒からダイナマイトダディが重賞制覇、2年目の産駒からサクラバクシンオーがGI優勝馬となり、1999年には最優秀短距離馬を受賞したエアジハードを輩出、数々の活躍馬を送り出しました。
ちなみに本馬の祖母ラトラヴィアータは、サクラバクシンオーの全妹です。

父シンボリクリスエスの産駒は、骨格が太くて、早い時期から前後躯のバランスが良くて、サラブレッドとして理想的な好馬体が多いのが特徴です。
また、父に似て無駄な筋肉が少なく、胸囲があって、心肺能力が高く、いかにもスピード持続力が高そうな産駒が多いですね。
馬体だけ見ると相当活躍しそうな産駒が多いのですが、成績を見てわかるとおり、見映えに対しては若干割引が必要です。
また、本格化する時機が若干遅めという評価が、牧場でも既に定着してきていますので、これからはその点を考えて、産駒を分析することが必要です。
産駒は馬体バランスの良さを活かすためにも、飛節や繋ぎがしっかりとしたバネのある柔らかいタイプを選びたいですね。
ちょっと勝ちみが遅いという点を考慮すると、やはり晩成血統の繁殖との産駒はオススメできませんし、牝馬についてもかなり吟味しないといけませんね。特に仕上がりに時間がかかりそうな立派すぎる馬体の牝馬は要注意です。
クリスエスの血統全体としては芝の中−長距離をベースにしたタフなスタミナ(スピード持続)型の血統と言えると思います。

母系は非常に遺伝力豊かで、特に成長力の早さ、成熟の早さはプラスに働く可能性が高いですね。
母父の持つスピード、決め手に、クリスエスのスピード持続力と成長力がかみ合えば活躍は間違いないところですが・・・良いところばかりかみ合うとは限らないので・・・まあ、まずは期待しましょう。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、特定のクロスの効用や相性(ナスキロなど)については勉強不足。というかあまり興味がない。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 手塚貴久
2010リーディング(8.15現在) 57 位、勝利数 13 勝,勝率 0.076 連帯率 0.218 管理代表馬 アイルラヴァゲイン
2009リーディング 53 位、勝利数 22 勝,勝率 0.08 連帯率 0.182 管理代表馬 グリフィンゲート
2008リーディング 48 位、勝利数 22 勝,勝率 0.086 連帯率 0.184 管理代表馬 アイルラヴァゲイン

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 157
胸囲(cm) 175.4
管囲(cm) 21.3
体重(kg) 468
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 −
【後肢の踏み込み】 −
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 −
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "顔の感じから、そんなにうるさいタイプではないようです。
首は短い方で、顔は小さめ、肩にはぱんぱんの筋肉が乗っています。
肩の角度から中距離以上の感じです。
繋ぎは短めで、角度良く、クッションも良いですね。
管囲は一見細そうに見えますが、21cmと十分な太さです。
胴回りは、ちょっと詰まり気味でぼてっとして背垂れで、まだ相当幼い馬体だと言えると思います。
全体的にも腰高でごろんとして見えます。
トモは、コンパクトで丸みがあり、ちょっと長さが足りないですが、大腿筋膜が大きくせり出し、幅は結構ありそうです。
飛節もしっかりした感じです。歩様は、まあまあ及第点。
馬体重も、体高から490キロくらいにはなってくる感じで、十分なサイズといえます。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルは高く、ここで活躍馬を出してもおかしくないタイミングです。
血統は非常にバランス良くて、スピードもスピード持続力もかなり高い感じのブレンドです。
トレーナーも安定した成績を残しており、問題ないでしょう。
馬体もちょっとごろんとした感じではありますが、欠点が少なく、ボリューム感のある良い筋肉をもった馬です。
距離適性は、少し父の血が多く出た感じで、長めになりそうですが、血統と合わない感じではありません。
価格は、馬体の出来やブラックタイプを考えると、結構安く設定したくれた感じで、お得感があります。
牧場で松橋場長もクリスエス産駒の安いのを探しているならお薦めだよっていっていました。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
posted by 楽天馬 at 21:33| 関東馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。