2010年09月18日

19.ピグマリオン(タイムフェアレディ の09)

【馬名】 ピグマリオン(タイムフェアレディ の09)
【由来】 「マイ・フェア・レディ」の原作となった戯曲。期待されることにより成果が上がることを示す「ピグマリオン効果」の語源でもある。 母名より連想。(英語)
【性別】 牡
【毛色】 鹿 
【父】 ダイワメジャー
【母】 タイムフェアレディ (母父 メジロマックイーン )
【生年月日】 2009年1月12日 生まれ
【生産牧場】 新冠橋本
【募集価格】 2400 万円(一口価格 6 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【カタログのコメント】 背中の長さに比べ若干短めの首に腹袋がしっかりしており、いかにも父の産駒というボリューム感のある馬体に恵まれました。特筆すべきは脚元の強さで、立派な上体を支えている四肢は常にスッキリしていて、追い運動後でも乾燥度抜群です。骨太で骨自体が丈夫なのは長所ですが、それにも増して肩や股関節の可動域が広く、背中を中心に体全体を使って大きく柔らかく動けることも怪我の少ない要因でしょう。当牧場に移動してすぐに環境の変化に慣れており、精神面・身体面でタフな本馬は、早い時期からの連戦にも耐え息の長い活躍をしてくれそうです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1998 生まれ、本馬は 11 歳の時の産駒
【母の戦歴】 "3勝,フラワーC-JPN3,うぐいす賞,フロー
ラS-JPN24着,フェアリーS-JPN34着,ファンタジーS-JPN35
着。"
【母の引退時期】 2003/3/16 (引退年齢 5 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2006/2/21
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 22

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "初年度産駒が不受胎ということで、かなり休んでから繁殖入りしていますので、ポテンシャルという点では申し分ないと思います。
残念ながら産駒にはまだ大物は出ていませんが、競走年齢に達した産駒は2頭とも勝ち上がっており(1頭は地方所属)、底を見せていないとも言えます。
まだ、繁殖適期内ですし、一発も期待できると思います。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 5代アウトブリード
−−−−−−−−−−
【父】 ダイワメジャー
"【競走成績】
日UAEで2〜6歳時に28戦9勝。06年、07年最優秀短距離馬。皐月賞-JPN1(芝2000m)、天皇賞・秋-JPN1(芝2000m)、安田記念-G1(芝1600m)、マイルチャンピオンシップ-G1(芝1600m)2回、同2着、毎日王冠-G2(芝1800m)、同3着、マイラーズC-G2(芝1600m)、ダービー卿CT-JPN3(芝1600m)、中山記念-JPN22着、関屋記念-JPN32着、ドバイデューティーフリー-G13着、有馬記念-G13着、同-JPN13着、スプリングS-JPN23着

【種牡馬成績】
08年より供用。10年の1歳世代が初年度産駒"
−−−−−−−−−−
【母父】 メジロマックイーン
"【競走成績】
最優秀古牡馬、12勝、天皇賞・春-JPN1・2回、菊花賞-JPN1。

【種牡馬成績】
ホクトスルタン(目黒記念-JPN2)、ディアジーナ(フローラS-JPN2)、ヤマニンメルベイユ(中山牝馬S-G3)

【母の父として】
ドリームジャーニー(宝塚記念-G1、有馬記念-G1)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父メジロマックィーンは、菊花賞、宝塚記念、天皇賞(春)(2回)等に優勝し、1991年春の天皇賞では祖父メジロアサマ、父メジロティターンに続く父子3代天皇賞制覇を成し遂げました。
「無尽蔵」とも言われた豊富なスタミナから、ハイペースの長距離戦でも先行押し切りというレーススタイルでした。
このため「史上最強のステイヤー」とも評されます。
種牡馬になってからはあまり多くの活躍馬を出しませんでしたが、フラワーCを勝ったタイムフェアレディは代表産駒の1頭です。
気性は、パーソロン系らしく、非常に穏やか。

母母父カツラギエースは、日本馬で初めてジャパンカップを制した馬として有名です。
ただ種牡馬としては、思ったような成績を残せませんでした。

母母母父ダンシングキャップは、オグリキャップの父でネイティヴダンサーの直仔です。

父ダイワメジャーは、新種牡馬ですので、未知数のところがありますが、産駒の馬体は筋肉質で、骨格もしっかりしており、タイプ的にはアグネスタキオン産駒に近い感じですね。
ただ、足もとは本馬の産駒の方がおそらく強いと思いますし、距離適性の幅も広いと思います。
ダイワメジャー自身は、皐月賞馬ではありますが、どちらかと言えば完成されたのは5歳でしたが、兄妹の競争成績からおそらく産駒は父よりは早熟と推察されます。
唯一、その歩様などから感じるのは、父が左回りを不得手にしていたように、本馬の産駒もちょっと不器用かもしれませんね。
ただ、スピードに乗ったときは、誰も止められないという競馬をしそうです。

母系の底流にネイティヴダンサーが入っていることと、スタミナ豊富な血が多いのは心強いですが、母系の累代の種牡馬が遺伝力的にちょっと不安な部分があるのは事実です。
よって、本馬の活躍はシンプルにダイワメジャーのポテンシャルということになるのかもしれません。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、特定のクロスの効用や相性(ナスキロなど)については勉強不足。というかあまり興味がない。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 加藤征弘
2010リーディング(8.15現在) 17 位、勝利数 20 勝,勝率 0.12 連帯率 0.259 管理代表馬 シャドウゲイト
2009リーディング 12 位、勝利数 35 勝,勝率 0.12 連帯率 0.188 管理代表馬 トーセンブライト
2008リーディング 14 位、勝利数 31 勝,勝率 0.113 連帯率 0.219 管理代表馬 フィフスペトル

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 157.5
胸囲(cm) 174.5
管囲(cm) 20.5
体重(kg) 440
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "落ち着いた顔と後ろを大きく見せる馬体が目に付きます。
首は短め、少し太め、肩には相当な筋肉が盛り上がり、角度は緩めで、胴の感じなどからマイル−中距離という感じです。
繋ぎは角度がすごく良くて、クッション良く、球節もゴリッとしています。
管囲も十分。
胴回りはしっかり、ゆったりしていて、ちょっと間延び気味、ただ相当トモ高で幼い馬体ですので、これから変わってきそうです。
トモは角度良く、この時期としてはまずまずボリューム感もあって、大腿筋膜が発達して影ができていますし、尻尾の下の半腱半膜様筋も割れています。
飛節はゴリッと大きいですが、歩様からちょっとブレがありますので、力強さはまだこれからという感じです。
歩様は、その後肢の繋ぎのブレ以外は、ほとんど欠点はありません。
馬体サイズは、体高もありますので、問題ないと思います。
中の中というサイズの馬体になると思います。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルは高いと思います。血統構成は、母系は今風のスピードがちょっと足りない印象で、父ダイワメジャーの腕の見せ所でしょう。
トレーナーは文句なしで、馬体も及第点です。
馬体から距離は短めに見えますので、血統から父の血が強く出ている感じでそこは好感が持てます。
価格は、牡馬で新種牡馬ですので、安い方だと思います。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
posted by 楽天馬 at 21:42| 関東馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。