2010年09月19日

26.スターノエル(スターミー の09)

【馬名】 スターノエル(スターミー の09)
【由来】星+クリスマス。クリスマスツリーに輝く星のように輝かしい活躍を期待して。母名より連想。(英語+仏語)
【性別】 牡
【毛色】 黒鹿
【父】 デュランダル
【母】 スターミー (母父 A.P.Indy )
【生年月日】 2009年4月24日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 3200 万円(一口価格 8 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【カタログのコメント】 春先はやや腰高の体つきで父似の容積十分な充実した後躯が目立つ馬でしたが、夏にかけて背中に伸びが出てきたこと、そして首とキ甲に筋肉がつき幅が出て胸が厚くなり、肩にゆとりがついたことで馬体全体がバランスをとりつつも力感のある馬になりました。骨量豊富で丈夫な脚元は関節のつくりも大きく、父の遺伝子をしっかりと受け継いでいます。追い運動でも常歩からキャンターへ移行する時に鋭い反応を見せており、1歩目から重心をグッと下げて体全体を使った躍動感あふれる走りを見せています。鋭い瞬発力。それが本馬の特長です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1998 生まれ、本馬は 11 歳の時の産駒
【母の戦歴】 米国産,わが国で2勝
【母の引退時期】 2003/3/1 (引退年齢 5 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2004/3/12
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 1

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母は引退後1ヶ月あまりで繁殖入りしており、疲労感を残して引退した可能性もあったのですが、引退直前こそ2戦していますが、その前の間隔が半年近く空いており、2年半で10戦と無理はしていません。
初仔カラベルラティーナ(父クロフネ)はキャロットで募集されました。2歳8月のデビューで3勝、2番仔はヒカルアラマンサス(父アグネスタキオン)は3歳3月デビューで京都牝馬S−GIIIを勝ちました。この時点で繁殖ポテンシャルの高さは間違いないですね。
繁殖適期内ですし、まだ活躍馬を出す可能性は十分にあります。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 Northern Dancer 9.38% 4 x 5
−−−−−−−−−−
【父】 デュランダル
"【競走成績】
日香で2〜6歳時に18戦8勝。03年、04年最優秀短距離馬。マイルチャンピオンシップ-G1(芝1600m)、同-JPN1、スプリンターズS-JPN1(芝1200m)、同2着2回、高松宮記念-JPN12着、セントウルS-JPN33着、香港マイル-G15着

【種牡馬成績】
06年より供用。ジュエルオブナイル(小倉2歳S-JPN3、紅梅S-OP3着)、ニシノメイゲツ(芙蓉S-OP、朝日杯フューチュリティS-JPN15着)、フラガラッハ(京成杯-G34着)"
−−−−−−−−−−
【母父】 A.P.Indy
"【競走成績】
年度代表馬、日仏8勝、サンクルー大賞典-G1、ジャパンC-G1、NHKマイルC-JPN1。

【種牡馬成績】
ソングオブウインド(菊花賞-JPN1)、ヴァーミリアン(ジャパンCダート-G1)、アロンダイト(ジャパンCダート-JPN1)【BMS:主な産駒】アグネスサクラ(白藤賞)、ソムニア(函館2歳S-JPN3 3着)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父A.P.インディは、父はアメリカ三冠馬シアトルスルー、母の父セクレタリアトもアメリカ三冠馬という組み合わせの名馬で、日本の鶴巻智徳氏が購入して、米三冠のベルモントS−GIを制したほか、日本人馬主としてはじめてBCクラシックを制しています。
サムシングロイヤルの3×5、ボールドルーラーの4×3、ナスルーラの5×5×5、プリンスキロの5×4など5代に6本のクロスが入っていて、しかもその全てが両親にそれぞれ含まれているという血統構成です。
その血の濃さゆえなのか、世界で最も高い確率でステークスウイナーを輩出する種牡馬の1頭で、欧米の種牡馬の中では最高の成績を収めています。産駒は芝、ダートがほぼ半々で、芝・ダート兼用種牡馬です。

距離については、ダートだと9割近くが1500m〜1800mに偏っていますが、芝では1500m〜1800m、1900m〜2300mがほぼ半々で、芝の方がダートより長目の距離に出る傾向があります。
いずれにしても通常の種牡馬群の距離から言うと、長めと言って良く、芝・ダートとも選手権クラスのレースに強さを発揮します。

母母父カーリアンの日本競馬適性は言うに及ばず、まさに高速決着向きの種牡馬ですね。
その父ニジンスキーは、スタミナと粘りのあるスピード持続型種牡馬で、母父ラウンドテーブルは、プリンスキロの直仔でタフなスタミナ血統、芝の高い適性は折り紙付きで”芝の斬れ者”と言われています。
本馬は、このラウンドテーブルのクロスを持っており、母系に入って底力も強化して、非常に好感が持てますね

母母母父トップヴィルは、ダンテ−ハイトップ系の仏ダービー馬で、種牡馬としてもまずまず成功したほか、BMSとしてはダイワーカーリアン、ツクバシンフォニーなど日本でも活躍馬を出しているなどダンテ系らしい資質も持ち合わせているようです。

父デュランダルは、その父サンデーサイレンスは、言うに及ばず、その母父には”スタミナ”、”スピード”、”切れ”と3拍子そろったノーザンテーストがいます。
デュランダルの母母スコッチプリンセスの血統は、ハイペリオン系×ブレニム系の強力なスタミナ配合で、血統表を見てみると、タフなスタミナ血統のハイペリオンの4×5×5のラインクロスのほか、底力と粘りに優れたテディ系Bull Dog、Sir Gallahadの全兄弟の5×5のクロス、スタミナ血統のBlenheim(ブレニム)の5×5のクロス、ネアルコの4×4、Hurakan、Uncle's Lassieの全姉妹の5×5のクロスと細かいクロスが4代、5代にライン上にちりばめられ、しかもスタミナ、底力、粘りと非常に重厚な配合です。
さらにその母Meadow Saffronも、ハイペリオンの4×4、タフなスタミナ血統であるセントサイモン系のSeleneの5×5×5のラインクロス、ファラリスの5×5が入った、これもスタミナと底力にあふれた配合となっています。
このデュランダルの母系に細かく入ったクロスを構成する血は、実は日本でもかなりお馴染みの血ばかりであり、デュランダルの産駒には、6代〜8代の深いところで、非常に細かいスタミナ系(スタミナ、粘り、底力)のラインクロスがたくさん入る可能性が高くなっています。実はこれは、これまで多くの名種牡馬が持ってきた遺伝要素の一つであり、某血統理論では種牡馬評価の基本的な考え方となっているものでもあります。

スピード持続力×スピード×競争資質という感じの母系の累代で、父がサンデー系のマイラー種牡馬デュランダルで、スピードと決め手が補強され、バランスの良さについては、申し分ないですね。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、特定のクロスの効用や相性(ナスキロなど)については勉強不足。というかあまり興味がない。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 奥平雅士
2010リーディング(8.15現在) 49 位、勝利数 14 勝,勝率 0.084 連帯率 0.151 管理代表馬 アルティマトゥーレ
2009リーディング 35 位、勝利数 25 勝,勝率 0.094 連帯率 0.17 管理代表馬 アルティマトゥーレ
2008リーディング 30 位、勝利数 26 勝,勝率 0.099 連帯率 0.205 管理代表馬 トウショウガナー

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 156
胸囲(cm) 170.7
管囲(cm) 20.2
体重(kg) 433
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "馬体は首が長くて線が細く、幼い印象、そして両脚と胴を結ぶ線がきれいな正方形のシルエットで、短距離で活躍しそうだと思いました。
顔から芯が強そうな感じですが、どうでしょうか。
首は長くて、細めです。
肩はまだ発達途上という感じで、その角度と胴の感じから距離は結構短いでしょうね。
繋ぎは角度良く、クッション良く、管囲もあって足もとの不安はありません。
胴回りはまだ幼く、トモ高、背垂れで、トモは角度良く、切れる足のトモの形をしています。
まだ、筋肉が付ききっていないですが、なかなか幅のある良いトモになりそうな素養は感じます。
飛節は見た目はまだちょっと弱々しく見えなくもないのですが、歩様を見ると意外にもかなりしっかりしています。
馬体のサイズは、ちょっと小さめなんですが、遅生まれの方ですし、体高もあり、460キロくらいにはなりそうですので、減点はしません。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルはまずまずです。血統はブラックタイプはそこそこですが、累代は素晴らしいと思います。
トレーナーも良いですし、馬体も少し小さめですが、おそらく中型くらいにはなってくれるでしょう。
血統構成と馬体を比較すると、父デュランダルが強く出た感じで、距離は短めでしょう。
価格は相当強きですが、それだけ出来が良いということでしょう。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
posted by 楽天馬 at 08:47| 関東馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。