2010年09月19日

27.アリエスプランサー(ビワプランサー の09)

【馬名】 アリエスプランサー(ビワプランサー の09)
【由来】牡羊座生まれ+母名の一部。牡羊座(Aries)生まれの威勢が良い馬をイメージして。(英語)
【性別】 牝
【毛色】 黒鹿
【父】 デュランダル
【母】 ビワプランサー (母父 ブライアンズタイム )
【生年月日】 2009年3月28日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1000 万円(一口価格 2.5 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【カタログのコメント】 精悍な顔から伸びる太い首差し、迫力満点の肩周りの筋肉、そしてそこから連なるしなやかな背中からトモにかけてのラインは牝馬とは思えぬほどの発達ぶりです。そんな本馬にはまさに男勝りという言葉がピタリと当てはまります。常に落ち着き払った振る舞いで、周囲の環境に動じることのない精神力も今後の競走生活にプラスに作用するはずです。体全体を使った伸縮性抜群のキャンターは父が現役時代に見せた切れ味抜群の末脚を彷彿とさせてくれます。スプリントからマイルまでの距離を中心にパワフルな走りで他馬を圧倒してくれそうです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1997 生まれ、本馬は 12 歳の時の産駒
【母の戦歴】 6戦,入着
【母の引退時期】 2000/12/2 (引退年齢 3 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2002/3/15
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 5

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "比較的早熟な産駒が活躍する繁殖です。
ただ、年齢を重ねても産駒のデビュー時期が遅くなるわけではなく、非常に安定していてそのポテンシャルの高さは、素晴らしいものがあります。
まだ、ぎりぎり繁殖適期内ですので、早いデビューが期待できそうな産駒なら活躍してくれる可能性は十分にあると思います。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 "Northern Dancer 18.75% 4 x 3
Hail to Reason 12.50% 4 x 4
Almahmoud 6.25% 5 x 5
Lady Angela 6.25% 5 x 5 "
−−−−−−−−−−
【父】 デュランダル
"【競走成績】
日香で2〜6歳時に18戦8勝。03年、04年最優秀短距離馬。マイルチャンピオンシップ-G1(芝1600m)、同-JPN1、スプリンターズS-JPN1(芝1200m)、同2着2回、高松宮記念-JPN12着、セントウルS-JPN33着、香港マイル-G15着

【種牡馬成績】
06年より供用。ジュエルオブナイル(小倉2歳S-JPN3、紅梅S-OP3着)、ニシノメイゲツ(芙蓉S-OP、朝日杯フューチュリティS-JPN15着)、フラガラッハ(京成杯-G34着)"
−−−−−−−−−−
【母父】 ブライアンズタイム
"【競走成績】
米で2〜4歳時に21戦5勝。フロリダダービー-G1(ダ9F)、ペガサスH-G1(ダ9F)

【種牡馬成績】
90年より供用開始。ナリタブライアン(東京優駿-JPN1、有馬記念-JPN1、菊花賞-JPN1、皐月賞-JPN1、朝日杯3歳S-JPN1)、タニノギムレット(東京優駿-JPN1)、マヤノトップガン(菊花賞-JPN1、有馬記念-JPN1、宝塚記念-JPN1、天皇賞・春-JPN1)、ファレノプシス(エリザベス女王杯-JPN1、桜花賞-JPN1、秋華賞-JPN1)、サニーブライアン(東京優駿-JPN1、皐月賞-JPN1)、ヴィクトリー(皐月賞-JPN1)、ノーリーズン(皐月賞-JPN1)、シルクプリマドンナ(優駿牝馬-JPN1)、チョウカイキャロル(優駿牝馬-JPN1)、タイムパラドックス(ジャパンCダート-JPN1、帝王賞-JPN1、JBCクラシック-JPN12回、川崎記念-JPN1)

【母の父として】
スリーロールス(菊花賞-JPN1)、エスポワールシチー(ジャパンCダート-G1)、ティコティコタック(秋華賞-JPN1)、ブルーコンコルド(東京大賞典-JPN1)、テイエムアンコール(産経大阪杯-G2)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父ブライアンズタイムは、ヘイルトゥリーズン系の中でもスピード型のヘイロー系に対して、スタミナ型と言われるロベルト系ですが、その中にあってもブライアンズタイムは、母系のリボー系からさらにタフなスタミナの血を引き継いでいるのが、代表産駒のナリタブライアン、マヤノトップガンを見てもよくわかります。
中長距離に適性を示す産駒はクラシック戦線において活躍しており、ダート戦での強さにも定評があります。
レースを使われながらコンディションを整えていくタイプが多く、頑健で使い減りしにくいと言われ、高齢であっても活躍が見込まれるため、古馬になって中央競馬ではピークを過ぎたと見られる馬であっても、地方競馬の厩舎から譲渡の引き合いが来る場合があるそうです。また、全体的に仕上がりも早い傾向にあります。
ただ、競走馬としてはやや小柄な部類に入るので、良績のある産駒は大型馬が少なく、見た目には実際の体重より重量感のある産駒の方が走ると言われます。

本馬の祖母ノーザンプランサーは、父ノーザンダンサー、母セックスアピールという血統です。
セックスアピールとノーザンダンサーの配合は、エルグランセニョール、トライマイベストという大種牡馬が誕生しており、祖母ノーザンプランサーは、その2頭の大種牡馬の全姉、全妹ということになります。
また、この祖母セックスアピールは、父バックパサー、母父にハイペリオン系のAlibhaiを配し、スタミナ色の強い血統ですが、そこにノーザンダンサー、ブライアンズタイムと配合され、底力にあふれたかなりタフなスタミナ、スピード持続力のある配合に血統構成になっています。

父デュランダルは、その父サンデーサイレンスは、言うに及ばず、その母父には”スタミナ”、”スピード”、”切れ”と3拍子そろったノーザンテーストがいます。
デュランダルの母母スコッチプリンセスの血統は、ハイペリオン系×ブレニム系の強力なスタミナ配合で、血統表を見てみると、タフなスタミナ血統のハイペリオンの4×5×5のラインクロスのほか、底力と粘りに優れたテディ系Bull Dog、Sir Gallahadの全兄弟の5×5のクロス、スタミナ血統のBlenheim(ブレニム)の5×5のクロス、ネアルコの4×4、Hurakan、Uncle's Lassieの全姉妹の5×5のクロスと細かいクロスが4代、5代にライン上にちりばめられ、しかもスタミナ、底力、粘りと非常に重厚な配合です。
さらにその母Meadow Saffronも、ハイペリオンの4×4、タフなスタミナ血統であるセントサイモン系のSeleneの5×5×5のラインクロス、ファラリスの5×5が入った、これもスタミナと底力にあふれた配合となっています。
このデュランダルの母系に細かく入ったクロスを構成する血は、実は日本でもかなりお馴染みの血ばかりであり、デュランダルの産駒には、6代〜8代の深いところで、非常に細かいスタミナ系(スタミナ、粘り、底力)のラインクロスがたくさん入る可能性が高くなっています。実はこれは、これまで多くの名種牡馬が持ってきた遺伝要素の一つであり、某血統理論では種牡馬評価の基本的な考え方となっているものでもあります。

本馬の父デュランダルは、今年の新種牡馬ダイワメジャーと同じ父と母父なので、早い内に活躍馬を出しておきたいところ、スピードと決め手のある競走馬でしたので、素直にその資質を本馬に伝えることができたならば、本馬の母系のスタミナベースとちょうど良いマッチングで、絶妙な競争資質のバランスになりそうです。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、特定のクロスの効用や相性(ナスキロなど)については勉強不足。というかあまり興味がない。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 武藤善則
2010リーディング(8.15現在) 144 位、勝利数 6 勝,勝率 0.041 連帯率 0.11 管理代表馬 セラフィックロンプ
2009リーディング 106 位、勝利数 14 勝,勝率 0.056 連帯率 0.119 管理代表馬 アドバンスウェイ
2008リーディング 96 位、勝利数 15 勝,勝率 0.061 連帯率 0.127 管理代表馬 セラフィックロンプ

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 149
胸囲(cm) 175
管囲(cm) 18.8
体重(kg) 429
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 △
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 △
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "ビワプランサーは本当に仔出しが良いですね。
馬体バランスが良い産駒を出します。
顔は賢そうで意志が強そうな感じです。
首は短めで、少し太め、肩の筋肉は良く発達し、その角度と胴の感じから、距離はマイルより少し長めまで保ちそうです。
繋ぎの角度良く、クッションも良いです。
管囲は細くて、足もとに不安がでそうなサイズです。そこはマイナスですね。
胴回りは収縮が良さそうで、トモ高で背垂れ気味ではありますが、しっかりと張りがあります。
トモは、大きく見せて好印象です。
形も筋肉の付き方も現時点では良い感じで、大腿筋膜は影が出来るくらい発達し、半腱半膜様筋は既に割れてきています。
飛節は見た目も歩様の際もしっかりとしています。
歩様全体ではトモ高の分、後肢の踏み込みを浅く見せますが、そこは許容内で現時点で気ににする必要はないでしょう。ただ、前が少し遊ぶのは気になるところです。
馬体サイズは、体高がかなり低く、遅生まれでもないので、馬体重も含めてちょっと小さくて、牝馬ですがやや減点になりますね。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルは高く、血統構成も底力満点です。
トレーナーは、ちょっと不安要素ですが、馬体バランスはまずまず。
距離は短めですが、肩の感じからマイルくらいになるかもしれませんね。
まあ、ちょっと小さいですが、牝馬なのでわずかな減点程度です。
価格は安くてこれなら買いという感じです。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
posted by 楽天馬 at 08:50| 関東馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。