2010年09月19日

31.ゴシェナイト(レッドベリル の09)

【馬名】 ゴシェナイト(レッドベリル の09)
【由来】 純度が高く無色・透明の緑柱石。 別名ホワイトベリル。目的達成や物事の向上、発展に貢献する働きがある。 母名より連想。(英語)
【性別】 牡
【毛色】 黒鹿
【父】 ロージズインメイ
【母】 レッドベリル (母父 スペシャルウィーク )
【生年月日】 2009年3月24日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1200 万円(一口価格 3 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【カタログのコメント】 母はスペシャルウィーク産駒出色のデキ、調教の動きからも世代屈指と評されていましたが不完全燃焼で現役を終え、その能力の証明は仔らに託されました。本馬はここまで十分な運動量をこなしてきたことが、管、前腕・脛の恵まれた骨量、前膝・飛節関節部の頑強なつくり、肩や臀部の筋肉量から確認できます。肩端と股関節の距離を保つ伸びのある胴部ながら、背中はほど良い長さで綺麗なアールを描いています。馬体を伸長しストライドを稼ぎ、力強く馬場をグリップすることが可能なつくりです。持久力を活かし確実に末を伸ばす競馬が期待されます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 2004 生まれ、本馬は 5 歳の時の産駒
【母の戦歴】 入着,東海 2勝
【母の引退時期】 2008/2/19 (引退年齢 4 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2009/3/24
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 2

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "本馬が初仔ですが、母は地方も含めて7戦しかしていませんので、繁殖ポテンシャルは十分あると思います。
ただ、母系の本質的な弱さは多少あるのかもしれませんね。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 Halo 12.50% 4 x 4
−−−−−−−−−−
【父】 ロージズインメイ
"【競走成績】
米UAEで3〜5歳時に13戦8勝。ドバイWC-G1(ダ2000m)、ホイットニーH-G1(ダ9F)、ケンタッキーC クラシックH-G2( ダ9F)、コーンハスカーBCH-G3( ダ9F)、BC クラシック-G12着、ドンH-G12着。

【種牡馬成績】
06年より供用。ブーケドロゼブルー(カーネーションC)、マイネルマルシェ(ジュニアC-OP3着)、ユメノキラメキ(ファンタジーS-JPN35着)"
−−−−−−−−−−
【母父】 スペシャルウィーク
"【競走成績】
10勝、東京優駿-JPN1、ジャパンC-G1。

【種牡馬成績】
シーザリオ(アメリカンオークス-G1、優駿牝馬-JPN1)、ブエナビスタ(桜花賞-JPN1、優駿牝馬-JPN1、ヴィクトリアマイル-G1)、インティライミ(京都大賞典-G2)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父スペシャルウィークは、名牝フロリースカツプの系統で、日本の誇る大牝系シラオキがいます。
その父サンデーサイレンスは言うまでもなく、母父マルゼンスキーのBMSとしての実績は本当にすばらしく、
マルゼンスキー自身のニジンスキー×バックパサー×プリンスキロという累代は見事です。
そこからハイペリオン系の凱旋門賞馬セントクレスピン、シンザンの父で7度日本のリーディングサイアーに輝いたヒンドスタン、BMSとしても活躍した大種牡馬プリメロと続くスペシャルウィークの累代は、これまた見事というほかありません。
BMSとしてスピードとスタミナの両方の資質を上手に伝えてくれそうです。

母母父アヴェニューオブフラッグスは、その父が米三冠馬シアトルスルーです。
シアトルスルーの産駒は8割以上が芝で活躍しており、距離もマイル−中距離の割合がその8割以上という結構極端な種牡馬です。
このアヴェニューオブフラッグスの母父バックパサーはトムフールの直仔で、70年代最良のBMSと言われ、こちらもタフなスピード持続系の中距離血統という感じですが、アヴェニューオブフラッグス自身は、短距離で3戦2勝して引退しています。

母母母父スマートゥンは、ターントゥ系の種牡馬で、現役時代は27戦11勝と中距離を中心にタフに走った競走馬で、日本で言えばちょうどステイゴールドのような馬でしたが、種牡馬としては思うような産駒を残せませんでした。

父ロージズインメイは、その父Devil His Dueはマイル−中距離を41戦11勝、GIを5勝を含む重賞を9勝した名馬で、デヴィルズバッグの直仔ということでヘイロー系種牡馬です。
母父Speak Johnはスタミナに良さがあるプリンスローズ系の中でもどちらかというと距離短めだと思われます。
さらにボトムラインを遡って、母母父のClandestineは、優性遺伝力の高いダブルジェイの直仔です。
牝系は、決して名牝系とは言えないですが、大種牡馬サンデーサイレンスの牝系もお世辞にも良いとは言えず、特にヘイルトゥリーズン系は、毛並みの良さは種牡馬としての活躍に直結しない感じもあるので、その点本馬も大活躍の可能性は多いに持っていると感じます。
産駒は、骨格のしっかりした筋肉質のタイプが多く、それでいてあまりごつごつした感じではありません。
芝よりダートの方に適性が高い産駒が増えている傾向を見ると、相手繁殖の都合を考えると、これからはますますダートの活躍馬が増えていくと思われます。

本馬はヘイローのクロスが発生し、スピードが強化されていますので、芝でいけそうな感じです。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、特定のクロスの効用や相性(ナスキロなど)については勉強不足。というかあまり興味がない。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 田中剛

2010年の新規調教師試験に合格。
3月1日より技術調教師として活動開始。
中野渡清一厩舎の勇退に伴い、10月21日から新たに厩舎を開業。

◆楽天馬の評価◆ ★☆☆☆☆☆☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 153.5
胸囲(cm) 174
管囲(cm) 21
体重(kg) 443
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 −
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "すらーっとして、窮屈さがまったくない馬体です。
顔は賢そうで、従順そうな印象です。
首差しが良くて、太さ、細さとも理想的です。
肩は良く盛り上がり、上腕三頭筋も良く発達しています。
肩の角度と胴の感じから距離はマイルより少し長めに感じます。
繋ぎは角度良く、クッションも効いています。
球節もゴリッとしていて、管囲も太く、足もとに不安がありません。
胴回りは、現時点ではちょっと細めで、使い減りしそうな雰囲気ですが、尻尾を見ると茶色にかすれて短めなので、下痢が多く、内臓面が弱い可能性があります。
トモは全体としては大きく見せており、形、角度とも良く、大腿筋膜、大腿二頭筋とも良く発達しています。
飛節はしっかりしていると思いますが、むしろその上が頼りない感じで、その辺が歩様に出ていると思います。
歩様全体は、後肢のブレ以外は欠点らしい欠点は見あたりません。
馬体サイズは、ちょっと体高はひくめですが、問題ないサイズで、内臓面の不安がなければ470キロくらいまではいきそうですね。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルは高いと思いますが、母が体質的な不安があったように思いますので、本馬もそのチェックは欠かせません。その点、ロージズインメイのような体質の強そうな種牡馬との配合はなかなか良いのではないでしょうか。
距離は馬体から少し長い方に出そうで、血統構成と良く合っていると思います。
トレーナーはちょっと不安ですが、馬体もまずまず良い感じで、馬体が牡馬にしてはちょっと線が細いかなって感じるくらいで、後は大きなマイマスはありません。価格もすごく安いですね。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
posted by 楽天馬 at 08:53| 関東馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。