2010年09月19日

32.セプタードアイル(コックニー の09)

【馬名】 セプタードアイル(コックニー の09)
【由来】 イングリッシュローズの品種名。繰り返し絶え間なく咲くこの花のような活躍を願って。父名・母名より連想。(英語)
【性別】 牝
【毛色】 黒鹿
【父】 ロージズインメイ
【母】 コックニー (母父 Swain )
【生年月日】 2009年3月12日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1000 万円(一口価格 2.5 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【カタログのコメント】 3世代目を迎えた父の産駒になりますが、仕上がりの早さ、使い減りしない体躯、あふれんばかりの闘争心は産駒にしっかりと受け継がれており、本馬も例に漏れず見栄えのする好馬体と負けん気の強さを授かりました。弾力性に富む筋肉は極薄の皮膚に覆われており、無駄肉を一切省いた全体像はシャープですが、非力な印象はありません。父の産駒ということでダート馬を想像しますが、手先の軽いしなやかな動きを見せており、本馬は芝戦線でも活躍してくれそうです。伸びのある馬体から距離の融通も利きそうで、選択肢は大きく広がっています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 2000 生まれ、本馬は 9 歳の時の産駒
【母の戦歴】 2勝
【母の引退時期】 2005/12/25 (引退年齢 5 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2007/2/23
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 3

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母は24戦した馬ですので、最終戦の前は5ヶ月弱空いているとは言え、ぎりぎり3ヶ月の休養はちょっと微妙だと思ったのですが、初仔、二番仔の成績を見るとそんなでもないですね。特に二番仔は地方とはいえ早いデビューで勝ち上がっています。
まずまず繁殖ポテンシャルはあると思って良いでしょう。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 5代アウトブリード
−−−−−−−−−−
【父】 ロージズインメイ
"【競走成績】
米UAEで3〜5歳時に13戦8勝。ドバイWC-G1(ダ2000m)、ホイットニーH-G1(ダ9F)、ケンタッキーC クラシックH-G2( ダ9F)、コーンハスカーBCH-G3( ダ9F)、BC クラシック-G12着、ドンH-G12着。

【種牡馬成績】
06年より供用。ブーケドロゼブルー(カーネーションC)、マイネルマルシェ(ジュニアC-OP3着)、ユメノキラメキ(ファンタジーS-JPN35着)"
−−−−−−−−−−
【母父】 Swain
"【競走成績】
英愛米仏UAE11勝、キングジョージ六世&クイーンエリザベDS-G1(2回)、コロネーションC-G1、愛チャンピオンS-G1。

【種牡馬成績】
ディミトロア(フラワーボール招待S-G1)、ナシージ(メイヒルS-G2)、スタンレイパーク(サンルイスレイH-G2)、トリリオンカット(朝日チャレンジC-G3)、シェルゲーム(巴賞-OP)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父スウェインは、キングジョージを連覇した名馬で、その父はレッドゴッド系ブラッシンググルームの直仔ナシュワンです。
ナシュワンは英二冠馬で、現在、日本で供用されている凱旋門賞馬パゴの父です。
また、スウェインの母父キートゥザミントは、リボー系グロウスタークの直仔で母系に入って良い競争資質を伝えるというのは定評となっています。スウェイン自体は、どちらかと言えばスピード持続系という感じでしょうか。

母母父ヌレイエフは、ノーザンダンサー系にあって、特に”粘り”に優れた血統で、産駒は本来はマイルですが、その粘りから長距離もこなす産駒を出している器用な種牡馬です。

母母母父アレッジドは、祖父リボー以来の凱旋門賞を連覇を果たした名馬で、種牡馬としては成功したとは言えませんが、産駒のローソサエティが、マンハッタカフェの母父として日本では有名です。
リボー系ですから豊富なスタミナに良さがある血統です。

母系は、母系に入って良い競争資質を遺伝するブラッシンググルーム系、ノーザンダンサー系、そしてスタミナ豊富なリボー系と良い種牡馬の累代と言えます。

父ロージズインメイは、その父Devil His Dueはマイル−中距離を41戦11勝、GIを5勝を含む重賞を9勝した名馬で、デヴィルズバッグの直仔ということでヘイロー系種牡馬です。
母父Speak Johnはスタミナに良さがあるプリンスローズ系の中でもどちらかというと距離短めだと思われます。
さらにボトムラインを遡って、母母父のClandestineは、優性遺伝力の高いダブルジェイの直仔です。
牝系は、決して名牝系とは言えないですが、大種牡馬サンデーサイレンスの牝系もお世辞にも良いとは言えず、特にヘイルトゥリーズン系は、毛並みの良さは種牡馬としての活躍に直結しない感じもあるので、その点本馬も大活躍の可能性は多いに持っていると感じます。
産駒は、骨格のしっかりした筋肉質のタイプが多く、それでいてあまりごつごつした感じではありません。
芝よりダートの方に適性が高い産駒が増えている傾向を見ると、相手繁殖の都合を考えると、これからはますますダートの活躍馬が増えていくと思われます。

父からスピードやパワーの資質をうまく受け継いで欲しいですね。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、特定のクロスの効用や相性(ナスキロなど)については勉強不足。というかあまり興味がない。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 高柳瑞樹

◆楽天馬の評価◆ ★☆☆☆☆☆☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 153
胸囲(cm) 173
管囲(cm) 18.4
体重(kg) 438
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "よくまとまった馬体ですね。
顔は大人しそうで、無駄なことはしない感じです。
首差しよく、太さ、長さも良い感じです。
肩はまずまず筋肉がついていて、その角度や胴回りの感じから中距離っぽい感じがあります。
繋ぎはちょっと立ち気味ですが、クッションが効いていますので、問題ないとします。
管囲が細く、足もとに不安がでそうなサイズです。これはマイナスです。
胴回りは、しまりは良い感じですが、トモ高、背たれの影響を加味してもやや切れ上がっているように見えます。
その点、尻尾の先の方がちょっと茶色になってきれぎれのところがあるので、下痢が多い可能性もあり、内臓面の不安はチェックが必要です。
トモは、まだ未発達で、幼く、これからという感じです。
飛節もちょっと薄手ですが、ゴリッとしていて、歩様を見てもしっかりしている点は好感が持てます。
歩様全体では、まずこの時期としては欠点がなく、理想的です。
馬体サイズは、若干小さめですが問題ない範囲で、おそらく450キロ超にはなりますので、減点対象にはなりません。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルはまずまずで、血統構成もなかなかバランス良くて、父の良さがそのまま出てくれそうな感じがあります。
トレーナーは不安要素です。
馬体は管囲などいくつか心配なところがありますが、まずまずまとまっていると思います。
距離は長めが良さそうで、血統構成もよく距離適性と合っていると思います。
価格は安いでしょうね。
牧場では推薦する人が多かった1頭で、とにかく丈夫だと言っていました。
1億稼ぐかと言われれば苦しいが、自分の募集代と飼い葉代くらいは稼いでくれると思うよと松橋場長らスタッフが話してくれました。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
posted by 楽天馬 at 08:53| 関東馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。