2010年09月19日

65.プリュム(ピューリティー の09)

【馬名】 プリュム(ピューリティー の09)
【由来】 「羽根」の意。羽根のように軽やかに美しく走り抜けてほしいという願いを込めて。(仏語)
【性別】 牝
【毛色】 栗
【父】 ダイワメジャー
【母】 ピューリティー (母父 パントレセレブル )
【生年月日】 2009年3月29日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1400 万円(一口価格 3.5 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【カタログのコメント】 軽さを活かした鋭いキレ味が武器のサンデー系の中にあって、パワーあふれる先行力で大レースを制した父は異色の存在でした。そんな父が線の細い牝馬に適度なボリューム感をプラスし、中サイズの馬体をより大きく見せています。スムーズな常歩から放牧地に放てばスッとキャンターに移り、手先の軽さが印象的なフットワークを繰り出します。負けん気が強い活発な気性から豊富な運動量を誇っていますが、収牧後すぐに息が入りカイバ喰いも落ちることはありません。父譲りの優れた心肺機能とタフネスぶりに素質の高さを疑う余地はありません。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 2003 生まれ、本馬は 6 歳の時の産駒
【母の戦歴】 独国産,伊1勝,Premio Baggio-L2着
【母の引退時期】 不明 (引退年齢 不明 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2008/3/19
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 不明

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "昨年はまったくデータが無かったので、せいぜい2年くらいの競争生活で、1勝馬ということで繁殖ポテンシャルは高いのではとしたのですが、今年、初仔ピュアプリーゼの成長過程を見てみると、繁殖ポテンシャルは高そうですね。
昨年よりは自信を持って★を付けました。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 Northern Dancer 15.63% 4 x 4 x 5
−−−−−−−−−−
【父】 ダイワメジャー
"【競走成績】
日UAEで2〜6歳時に28戦9勝。06年、07年最優秀短距離馬。皐月賞-JPN1(芝2000m)、天皇賞・秋-JPN1(芝2000m)、安田記念-G1(芝1600m)、マイルチャンピオンシップ-G1(芝1600m)2回、同2着、毎日王冠-G2(芝1800m)、同3着、マイラーズC-G2(芝1600m)、ダービー卿CT-JPN3(芝1600m)、中山記念-JPN22着、関屋記念-JPN32着、ドバイデューティーフリー-G13着、有馬記念-G13着、同-JPN13着、スプリングS-JPN23着

【種牡馬成績】
08年より供用。10年の1歳世代が初年度産駒"
−−−−−−−−−−
【母父】 パントレセレブル
"【競走成績】
仏5勝、凱旋門賞-G1、仏ダービー-G1、パリ大賞典-G1。

【種牡馬成績】
プライド(英チャンピオンS-G1)、キャッスルデール(サンタアニタダービー-G1)、ダイジン(独ダービー-G1)、ベルエセレブル(サンタラリ賞-G1)、シュフルール(中山新春JS、春麗JS)、サイキョウワールド(サンタクロースH)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "母父パントレセレブルは、凱旋門賞馬で仏ダービー馬、父がノーザンダンサー系の名種牡馬ヌレイエフ、母父がネイティヴダンサー系の名種牡馬アリダーと日本では相当なじみのある種牡馬の配合です。
父系からはスピード、母系からはタフさや良い競争資質が遺伝され、日本にも合いそうな血統構成ですが、パントレセレブル自身は、2001年シャトル共用され日本に来ていますが、産駒の出来はお世辞にもよくありませんでした。
その後、種牡馬としてはサンクルー大賞典を勝ったプライドなどステークスウィナーを数頭出しただけで、種牡馬成績はよくありません。

母母父ベーリングは、現役時代にジョッケクルブ賞−GIなど重賞4勝で、凱旋門賞2着という競争成績。
ネイティヴダンサー系の名馬シーバードの直系で、母父がノーザンダンサー系リファール、母母父ルファブリューという血統的に魅力的な累代で、ベニカンプやアメリカンポストなどのGI馬を輩出し、種牡馬としてまずまず成功し、その系譜をつなげています。

母母母父サドラーズウェルズは、語るまでもなくノーザンダンサー系の大種牡馬で、その枝葉は後継種牡馬多数で、今後も欧州の主流血脈として大きく系譜を広げることでしょう。
その血の評価としては、タフなスタミナとパワー型の種牡馬という位置づけですが、母系に入ると底力を強化します。

父ダイワメジャーは、新種牡馬ですので、未知数のところがありますが、産駒の馬体は筋肉質で、骨格もしっかりしており、タイプ的にはアグネスタキオン産駒に近い感じですね。
ただ、足もとは本馬の産駒の方がおそらく強いと思いますし、距離適性の幅も広いと思います。
ダイワメジャー自身は、皐月賞馬ではありますが、どちらかと言えば完成されたのは5歳でしたが、兄妹の競争成績からおそらく産駒は父よりは早熟と推察されます。
唯一、その歩様などから感じるのは、父が左回りを不得手にしていたように、本馬の産駒もちょっと不器用かもしれませんね。
ただ、スピードに乗ったときは、誰も止められないという競馬をしそうです。

総じて、母系はスタミナと底力は十分ですが、実はスピードが少々足りません。
そこに父ダイワメジャーからスピードと決め手の補強は大歓迎で、母系のスタミナベースに父からスピードの補強というのは、大活躍馬を出すパターンです。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、特定のクロスの効用や相性(ナスキロなど)については勉強不足。というかあまり興味がない。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 羽月友彦
2010リーディング(8.15現在) 43 位、勝利数 15 勝,勝率 0.099 連帯率 0.171 管理代表馬 シャイニングアワー
2009リーディング 72 位、勝利数 18 勝,勝率 0.079 連帯率 0.189 管理代表馬 ワンダースピード
2008リーディング 161 位、勝利数 9 勝,勝率 0.045 連帯率 0.08 管理代表馬 ワンダースピード

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 153.5
胸囲(cm) 177
管囲(cm) 18.5
体重(kg) 448
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 −
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 −
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "牝馬らしからぬ雄大な馬体です。
気性は結構きつそうですが、人には割合従順なのではないでしょうか。
首差しよく、太さ、長さもまずまずです。
肩にはほどよい筋肉がつき、二の腕が太くパワーがありそうです。
肩の角度と胴の感じから中距離の感じです。
繋ぎの角度は良くて、短め、クッションはほどほどです。
管囲は、ちょっと足りない感じです。
胴回りは、立派な腹袋が目立ち、内臓面で不安がなさそうです。
まだ、結構幼い感じが残っており、若干背垂れ気味ですが、背中がしっかりしているのか、あまり極端に垂れているようには見えません。
トモは、長さがあまりなく、サンデー系に見られる薄手の感じです。
ただ、大腿筋膜も良く発達し、ボリュームが無いわけではありません。
飛節やその上がちょっと小さめで薄手です。
歩様は、欠点が少ないです。
馬体サイズは、体高があって脚が少し長め、ただ馬体重は問題ないです。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャル、血統ともまずまずで、ドイツ血統に新種牡馬で魅力的です。
トレーナーは、牧場で何度か名前を聞いていますし、問題ないでしょう。
馬体は、姉よりしっかりした感じで、トータルで欠点が少なく見映えがします。
距離適性は馬体から中距離っぽいですが、血統構成とまず良く合っていると思います。
価格は、安いですよね。これは正直言って狙い目ではないでしょうか。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
posted by 楽天馬 at 17:18| 関西馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。