2010年09月19日

68.ケイティーズハート(ケイティーズファースト の09)

【馬名】 ケイティーズハート(ケイティーズファースト の09)
【由来】 「ケイティーズ一族の心」の意。牝系から受け継いだ偉大な心を持って一族の中心的存在になってほしいとの思いを込めて。父名・母名より連想。(英語)
【性別】 牝
【毛色】 鹿 
【父】 ハーツクライ
【母】 ケイティーズファースト (母父 Kris )
【生年月日】 2009年4月25日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1800 万円(一口価格 4.5 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【カタログのコメント】 小柄な全体像ですが、軽い頭部から連なる上品な首差しにしっかりとした腹袋を持ち合わせており、四肢の長さも絶妙でバランスの良さは抜きん出ています。好バランスの体を駆使した動きは実に滑らかで、各関節や筋肉の柔軟性も証明されています。気性面においては、大人しく利発な気性であり、新たな環境への対応力にも秀でています。アドマイヤムーンを始めとしてキラ星の如く活躍馬を輩出する母系に、ドバイで世界を驚嘆させた父との配合ですので、クラシック戦線への参戦はもちろん、古馬になってからも楽しめる素材と踏んでいます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1987 生まれ、本馬は 22 歳の時の産駒
【母の戦歴】 "米国産,英3勝,Remembrance
Day S-L,仏1勝,Prix du Cercle-L。"
【母の引退時期】 不明 (引退年齢 不明 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 1993英国
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 不明

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "さすがに高齢ですから繁殖ポテンシャルは当然低くなります。
ただ、これまでの実績から2,3勝する産駒は十分出てくる可能性はあるでしょうし、タフに走る産駒もまだまだ出てくる可能性を持った繁殖です。
サンデー系種牡馬とは相性が良いので、旬な種牡馬ハーツクライで、しかも最後の産駒なので期待を込めて昨年より★を1つ増やしました。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 Relance、ポリック 9.38% 5 x 4
−−−−−−−−−−
【父】 ハーツクライ
"【競走成績】
日英UAEで3〜5歳時に19戦5勝。05年最優秀4歳以上牡馬。ドバイシーマクラシック-G1(芝2400m)、有馬記念-JPN1(芝2500m)、京都新聞杯-JPN2(芝2200m)、東京優駿-JPN12着、ジャパンC-G12着、宝塚記念-G12着、キングジョージ六世&クイーンエリザベスDS-G13着

【種牡馬成績】
07年より供用。バラードソング、ウインバリアシオンが新馬勝ち"
−−−−−−−−−−
【母父】 Kris
"【競走成績】
英14勝、サセックスS-G1。

【母の父として】
ネオユニヴァース(東京優駿-JPN1)、ローズジプシー(仏1000ギニー-G1)、ムーンシェル(英オークス-G1)、ドワイエン(キングジョージ六世&クイーンエリザベスDS-G1)、ベーカバッド(パリ大賞典-G1)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "母父Krisはエタン系です。もともとネイティヴダンサー系のエタンは、血統的には”パワー”、”スタミナ”系の種牡馬なのですが、日本の軽い馬場にも対応できる資質を持っているようで、ネオユニヴァースなど母系に入って活躍した馬も多数います。

母母父ノノアルコは、ノーザンダンサーに継ぐ成績を残したニアークティックの代表産駒です。日本では有馬記念馬ダイユウサク(超なつかし〜)、カシマウイング(これも懐かしい〜)など中距離以上の活躍馬を出しています。ブルードメアサイアーとしては、ヒシアマゾンが有名ですが、海外ではスプリンターの活躍が目立つようです。ニアークティック産駒の特徴であるどの血統とも相性が良いという点は、このノノアルコも同じですね。

母系の血統構成は総体的には快速系が中心で、私の目には若干スタミナ不足の印象があります。
ただ、気温心にアドマイヤムーン、そして曾祖母ケイティーズからヒシアマゾン、ヒシピナクルといったあたりが出ているように、スピード持続力は卓越したものがありそうです。

父ハーツクライは、その父サンデーサイレンスは言うに及ばず、その母アイリッシュダンスが現役時代重賞2勝、通算9勝を上げた名牝で、その父は若干器用さには欠けるものの、長い直線での瞬発力と切れならおそらく日本に入ってきた外国産種牡馬でもトップクラスのトニービンです。さらに母母父はノーザンダンサー系リファールで、タフなスピード持続型の種牡馬です。
母母父のビュパーズは、61戦7勝の短−マイルで活躍した馬で、その父にはドミノ系の遺伝力が強いダブルジェイがいて、アイリッシュダンスの活躍した根拠になった感じがあります。
産駒の馬体は、比較的四肢にしっかり体重が乗っている感じで、馬体バランスは良い方だと思います。
肩やトモには結構なボリュームをたくわえていますが、胴回りは比較的ゆるめで、胴のびが良いタイプが多く、性格は、一見穏やかにも見えますが、調教が始まるとなかなかかん性の強さが出てきそうな目をした馬が多いですね。
総じてハーツクライは、タフなスピード持続血統に瞬発力と切れをもったトニービンが配合された母系に対して、さらにスピード値が高く、気性を決め手にかえるサンデーサイレンスが配合され、早いラップを刻んでもなお、直線を向いて、長く切れのある脚を使える非常に血統バランスの良い馬だと言えます。

本馬は父ハーツクライからサンデー系特有のスピードと決め手の遺伝はもちろんですが、その母父トニービンからスタミナやスピード持続力、さらに瞬発力が補強され、クラシックディスタンスでの活躍が期待されます。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、特定のクロスの効用や相性(ナスキロなど)については勉強不足。というかあまり興味がない。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 宮本博
2010リーディング(8.15現在) 17 位、勝利数 20 勝,勝率 0.109 連帯率 0.228 管理代表馬 アグネスワルツ
2009リーディング 23 位、勝利数 29 勝,勝率 0.104 連帯率 0.169 管理代表馬 ベストメンバー
2008リーディング 39 位、勝利数 24 勝,勝率 0.087 連帯率 0.204 管理代表馬 デグラーティア

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 150
胸囲(cm) 166
管囲(cm) 19
体重(kg) 407
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 −
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "牝馬らしい仕上げやすそうな馬体です。
顔は芯がしっかりしている感じですが、手綱は意外と従順そうな雰囲気なので、オンオフがはっきりした馬なのかもしれません。
首差しよく、太さ、長さはちょうど良いです。
肩にはしっかりと厚く筋肉が乗っていて、上腕三頭筋も発達していて胸前も立派です。
肩の角度と胴の感じから距離は中距離くらいでしょうか。
繋ぎの角度良く、クッションも良い感じです。
管囲はちょっと足りなくてマイナスポイントです。
胴回りは、牝馬らしく仕上げやすそうな感じで、トモ高にしては背中が垂れずに、背腰がしっかりしたタイプだと思われます。
トモは形良く、サンデー系に多い切れる脚をもつ馬のそれです。
これから幅が出てきそうで、大腿筋膜も良く発達しています。
飛節はちょっと小さめで、歩様が心配でしたが、思ったほどのブレはありませんでした。
歩様全体としては、まず欠点が少ない馬です。
馬体サイズは、小さくて、牝馬で遅生まれですが、体高も無く、マイナスせざるを得ません。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルはさすがに高齢ですのでそんなに高い評価をできませんが、血統的な魅力は失われていませんし、トレーナーも良いと思います。
馬体は、小さく出たのがちょっと残念ですが、牝馬で遅生まれですので成長過程を見ながら追加出資というのもありだと思います。
距離適性は、血統、馬体ともちょっと長めが良さそうでよくマッチしています。
価格は、現段階で高勝率を誇る父ハーツクライですので、安い方だと思います。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
posted by 楽天馬 at 17:20| 関西馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。