2010年09月19日

73.ゴールデンレシオ(ミスエアクラフト の09)

【馬名】 ゴールデンレシオ(ミスエアクラフト の09)
【由来】「黄金比」の意。父名より連想。(英語)
【性別】 牡
【毛色】 栗 
【父】 ゴールドアリュール
【母】 ミスエアクラフト (母父 Marquetry )
【生年月日】 2009年4月16日 生まれ
【生産牧場】 前田
【募集価格】 1800 万円(一口価格 4.5 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【カタログのコメント】 SS系のダートサイアーとして確固たる地位を固めた父の産駒らしく、骨格がしっかりとしていて全体のバランスも良く雄大な馬格をしています。心肺機能の良さがうかがえる深い胸、力強いキック力を生み出す筋肉量豊かな後躯など、父の特徴が色濃く出ています。また、放牧地の動きもかき込むようなフットワークで大地をしっかりと捉え、その結果生まれる並々ならぬ推進力はダート戦での高い適性を感じずにはいられません。乾燥度合いの良い丈夫な脚元は、盤のしっかりとした蹄に支えられてこれからの競走生活も安心して送れるでしょう。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1998 生まれ、本馬は 11 歳の時の産駒
【母の戦歴】 米国産、米5戦
【母の引退時期】 不明 (引退年齢 不明 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2003/03/18
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 不明

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母の初仔セレスケイが2歳12月デビューで36戦して5勝していますし、二番仔トーセンヤキッタも2歳11月デビューで勝ち上がっていますので、こうした母の繁殖成績を見る限り、繁殖ポテンシャルの高い繁殖であることは間違いないですね。
繁殖適期内ですので、相手種牡馬との相性次第でまだまだ活躍馬を出してくれそうです。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 Northern Dancer 9.38% 4 x 5
−−−−−−−−−−
【父】 ゴールドアリュール
"【競走成績】
日で2〜4歳時に16戦8 勝。02年最優秀ダート馬。フェブラリーS-JPN1(ダ1600m)、東京大賞典-JPN1(ダ2000m)、ジャパンダートダービー-JPN1(ダ2000m)、ダービーグランプリ-JPN1(ダ2000m)、アンタレスS-JPN3(ダ1800m)

【種牡馬成績】
04 年より供用。エスポワールシチー( ジャパンC ダート-G1、フェブラリーS-G1、南部杯-JPN1、かしわ記念-JPN12回、マーチS-G3)、スマートファルコン(浦和記念-JPN2、ブリーダーズゴールドC-JPN2、さきたま杯-JPN32回、名古屋大賞典-JPN3、兵庫ゴールドT-JPN3、白山大賞典-JPN3、かきつばた記念-JPN32回、佐賀記念-JPN3、JBCスプリント-JPN12着、ジャパンダートダービー-JPN12着)、タケミカヅチ(ダービー卿CT-G3、皐月賞-JPN12着)、オーロマイスター(大和S-OP)、トップカミング(日経新春杯-G22着)"
−−−−−−−−−−
【母父】 Marquetry
"【競走成績】
英米10勝、ハリウッドゴールドC-G1、メドーランズC-G1、エディリードS-G1。

【種牡馬成績】
アータックス(ブリーダーズCスプリント-G1)、スクワートルスクワート(ブリーダーズCスプリント-G1)

【母の父として】
ミクロコスモス(阪神ジュベナイルF-JPN1 3着)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父マーケトリー(Marquetry)は、現役時代36戦11勝とタフに走った中距離馬で、エディ・リードH-G1、メドウランズC-G1、ハリウッドGCH-G1など重賞を6勝したほか、重賞の2着を6回、3着を3回と重賞戦線で安定した力を発揮しました。
その父コンキスタドールシエロは、大種牡馬ミスタープロスペクターの直仔で、ベルモンドSなど現役時代13戦9勝と短−中距離で活躍し、種牡馬としても多くのステークスウィナーを輩出し成功しました。
その母父はヴァイスリージェントはノーザンダンサー系の大種牡馬です。
マーケトリーは、血統背景から種牡馬として期待されたと思いますが、思ったような成績は残せませんでした。
しかしながら、今後はBMSに入って高いスピード値と良い競争資質の遺伝を期待したいところです。

父ゴールドアリュールは、サンデーサイレンス唯一のダート王の種牡馬です。
血統的には特段ダートという感じではなく、ヘイルトゥリーズン系×ノーザンダンサー系というシンプルなニックス配合です。
母系を見ると、母父は日本ではすっかりお馴染みのスピード値の高いマイラー種牡馬のヌレイエフ、母母父はニジンスキー系の中距離馬Hostage、母母母父はスタミナ豊富なヴェイグリーノーブルと、基本ベースはスタミナ系です。
血統だけ見ると芝適性は極めて高いと思われ、実際に産駒の出走数も思ったほどダートに偏ってはいませんし、距離もマイル−中距離が結構多く、今後は芝の中距離で活躍する産駒も出てきそうです。

父母の現役時代の成績から、その産駒はダートのマイラーってすぐに頭に浮かびますが、血統表を見ると特段ダートに偏っているわけではないことから、意外と芝でもいけるのではないかと私は思います。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、特定のクロスの効用や相性(ナスキロなど)については勉強不足。というかあまり興味がない。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 大久保龍志
2010リーディング(8.15現在) 6 位、勝利数 25 勝,勝率 0.138 連帯率 0.265 管理代表馬 スカイノダン
2009リーディング 35 位、勝利数 25 勝,勝率 0.102 連帯率 0.184 管理代表馬 アサクサキングス
2008リーディング 22 位、勝利数 28 勝,勝率 0.098 連帯率 0.186 管理代表馬 アサクサキングス

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 162
胸囲(cm) 180
管囲(cm) 21
体重(kg) 461
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 △
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "なかなか男前の馬です。
顔は冷静そうで、気性は良さそうです。
首差しは良く、太さ、長さともちょうど良いと思います。
肩から胸前には大きな筋肉が張り出していて、上腕三頭筋も立派です。
肩の角度と胴の感じから、マイルよりちょっと長めって感じですか。
繋ぎの角度は良くて、クッションも良い感じです。
胴回りはしっかりしていて、背中もこの胴にしては短めで、腰の雰囲気も良いですね。
トモは、長さこそないですが、無駄肉のないスリムが感じで、寛骨周りに太い大腿二頭筋があって、今後幅が出てきそうな雰囲気です。
飛節は、ちょっと頼りない感じもあって、後肢の動きからまだしっかりしていない感じがありますが、この時期ですので、そんなに気にしなくて良いのかもしれません。
歩様全体としては、前肢の繋ぎから下がちょっと遊びますが、踏み込みは良い感じです。
馬体サイズも十分です。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルは、まずまずです。血統構成は、かなり狙った感じで、ゴールドアリュールと米血脈ですのでダートのスペシャリスト狙いでしょう。
トレーナーは良いですし、馬体も欠点が少なく、良いサイズです。
距離適性は、血統、馬体ともマイルより少し長いくらいまで大丈夫な感じです。と考えると大きなレースも多いですね。
価格は、牡馬ですからすごく安いですね。丈夫に走ってすぐに元がとれそうです。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
posted by 楽天馬 at 20:40| 関西馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。