2010年09月19日

83.シュタインガーデン(ロココスタイル の09)

【馬名】 シュタインガーデン(ロココスタイル の09)
【由来】 ドイツの都市名。ロココ装飾の最高傑作で世界遺産に登録されているヴィース巡礼教会の所在地。母名より連想。(独語)
【性別】 牡
【毛色】 黒鹿
【父】 アドマイヤドン
【母】 ロココスタイル (母父 サンデーサイレンス )
【生年月日】 2009年3月25日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1600 万円(一口価格 4 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【カタログのコメント】 やや胴長で重心が高く維持されたフォルムは父の面影と重なります。容量のある腹袋を中心に、馬体前後に厚みのある骨格を覆うように良質の筋肉が張り出しており、迫力がありつつも前後のバランスのとれたつくりに成長しています。四肢も丈夫で関節は大きく、膝上と下の長さも絶妙で土台の安定感は抜群です。放牧地ではこの恵まれた体躯から瞬時に強烈な後躯の回転を繰り出し、躍動感あふれる走りで他馬を置き去りにしています。現時点で体格、動きに迫力があるとはいえまだ1歳馬。完成度を増したときの規格外の動きを今から期待してしまいます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1999 生まれ、本馬は 10 歳の時の産駒
【母の戦歴】 不出走
【母の引退時期】 不出走 (引退年齢 不出走 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2004/3/26
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 不出走

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "初仔シーディドアラバイが早いデビューですぐに勝ち上がり22戦しており、二番仔も中央未勝利の後、地方2勝を経て、中央で2勝しています。
しかし、その後の産駒が不出走、不出走、地方未勝利と思ったような成績が出せていません。
この傾向だけ見ると、母は不出走ながら体質面には若干不安があるようで、繁殖ポテンシャルの下降が激しい繁殖にも見えますが、初仔、二番仔がともに父ジャングルポケットですので、相手種牡馬を選ぶ繁殖という可能性もあります。
父アドマイヤドンとの相性に期待したいですね。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 Northern Dancer 12.50% 4 x 4
−−−−−−−−−−
【父】 アドマイヤドン
"【競走成績】
日UAEで2〜6歳時に25戦10勝。03年、04年最優秀ダート馬。01年最優秀2歳牡馬。フェブラリーS-JPN1(ダ1600m)、朝日杯フューチュリティS-JPN1(芝1600m)、JBCクラシック-JPN1(ダ2000m)3回、帝王賞-JPN1(ダ2000m)、南部杯-JPN1(ダ1600m)、同2着、エルムS-JPN3(ダ1700m)、ジャパンCダート-JPN12着2回、同3着

【種牡馬成績】
06年より供用。トーセンアレス(伏竜S-OP、ジャパンダートダービー-JPN15着)、ブルーソックス(樅の木賞)"
−−−−−−−−−−
【母父】 サンデーサイレンス
"【競走成績】
米年度代表馬、米9勝、ケンタッキーダービー-G1。本邦チャンピオンサイアー。本邦BMSチャンピオン。

【母の父として】
アドマイヤムーン(ジャパンC-G1)、スクリーンヒーロー(ジャパンC-G1)、ヴァーミリアン(ジャパンCダート-G1)、トールポピー(優駿牝馬-JPN1)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父サンデーサイレンスは、2007年についにリーディングブルードメアサイアーの座を獲得しています。BMSとしては柔らかくしなやかな筋肉と激しい気性を遺伝させると言われていますが、現状ではいずれの特徴も競争能力的にはプラスに働いている場合が多そうです。

母母父ノーザンテーストは、スピード、スタミナ、底力と非常にバランスの良い種牡馬で、BMSとしても非常に優秀な種牡馬で、日本では1982年にテスコボーイから日本リーディングサイアーの座を奪い取ると、通算10回のリーディングサイアーに輝き、1990年から2006年まで17年連続リーディングブルードメアサイアーにも輝いています。

母母母父Ambiopoise(アンビオポイズ)は、タフなスタミナ血統でかつ遺伝力が強いトゥルビオン系種牡馬です。

父アドマイヤドンは、地方、中央問わず、ダート路線では無類の強さを誇り、ダートのGI競走において地方と中央合わせて通算7勝を挙げました。
母ベガは桜花賞・優駿牝馬を勝った名牝で、半兄に東京優駿(日本ダービー)を制したアドマイヤベガ、セントライト記念を勝ったアドマイヤボスがいます。
まだ新種牡馬ですから、どういう産駒傾向にあるのかは不明ですが、兄弟がそれぞれ違った成長過程、違ったステージで活躍したように、母系は父系の良い競争資質を発現させてくれるようで、このアドマイヤドンの産駒も、父と同じステージで走るとは限らないと私は思います。

特に本馬は母父サンデーサイレンス、母母父ノーザンテーストと、その産駒が日本の芝競馬を席巻したわけですからね。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、特定のクロスの効用や相性(ナスキロなど)については勉強不足。というかあまり興味がない。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 須貝尚介
2010リーディング(8.15現在) 49 位、勝利数 14 勝,勝率 0.081 連帯率 0.14 管理代表馬 リッカロイヤル
2009リーディング 142 位、勝利数 10 勝,勝率 0.056 連帯率 0.122 管理代表馬 ワーキングウーマン

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 155
胸囲(cm) 184
管囲(cm) 21
体重(kg) 480
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 △
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "背中がしっかりした印象の馬です。
顔から性格は結構きつそうです。
首差しよく、太さ、長さともちょうど良いと思います。
肩の筋肉は立派で、胸前にかけてよく発達しています。
上腕三頭筋も大きく張り出しています。
肩の角度と胴の感じから距離は短めに見えます。
繋ぎの角度はまずまずで、クッションもしっかり効いています。
管囲は十分です。
胴回りは、少し幼さがありますが、割合しっかりした感じで、良く締まっています。
トモは、薄手ですが形良く、幅に出てきそうな感じです。
飛節は、ちょっと頼りなく、後肢の動きにもそれが出ています。
歩様全体としては、後肢以外には気になるところはありませんでした。
馬体サイズは大きく、500キロ超にはなりそうですが、極端なところまでは行かない感じで、まず問題ないでしょう。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャル、血統構成、トレーナーはまずまずだと思います。
馬体は良い出来で、しっかりとした骨格でボリュームもあります。
距離適性は、馬体は短めですが、父の感じから短めもありでしょう。
価格は、父アドマイヤドンのポテンシャル次第ですが、血統背景から成功する可能性は十分にあります。
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
posted by 楽天馬 at 20:51| 関西馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。