2010年09月19日

84.キャンドルナイト(ピンクキャンドル の09)

【馬名】 キャンドルナイト(ピンクキャンドル の09)
【由来】 照明を消し、キャンドル(ろうそく)を灯して過ごすこと。照明を消し、ゆるやかに過ごす時間や人とのつながりを大切にする運動のこと。母名より連想。(英語)
【性別】 牝
【毛色】 栗 
【父】 キングヘイロー
【母】 ピンクキャンドル (母父 マヤノトップガン )
【生年月日】 2009年2月16日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1000 万円(一口価格 2.5 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【カタログのコメント】 初仔の牝馬ということでやや小柄な馬体となりましたが、カチッとしたつくりと毛ヅヤの冴えた張りのある体が馬体重の数値よりも力強い印象を与えます。各関節の構造は狂いがなく、それを繋ぐ各部もバランス良く決まっているため、無駄のないスムーズな動作を可能にし、と同時に故障のリスクも減らしてくれます。この牝系特有のピリッとした気性は本馬にも見られ、総じてデビューが早くなる一族の傾向どおりに早期始動が可能でしょう。前向きさと反応の良さから、マイル前後の距離でキレ味鋭い末脚を武器にした活躍が期待されます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 2004 生まれ、本馬は 5 歳の時の産駒
【母の戦歴】 5戦、入着
【母の引退時期】 2007/9/22 (引退年齢 3 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2009/2/16
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 6

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★★★
◆楽天馬の一言◆ "母の戦歴を見てもわかりとおり、ほとんど疲労感を残して繁殖入りしたとは考えられないので、繁殖ポテンシャルは満タン状態での初仔だと思います。
非常に楽しみですね。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 "Halo 18.75% 3 x 4
Hail to Reason 12.50% 4 x 5 x 5
Sir Gaylord 6.25% 5 x 5 "
−−−−−−−−−−
【父】 キングヘイロー
"【競走成績】
日で2〜5歳時に27戦6勝。高松宮記念-JPN1(芝1200m)、中山記念-JPN2(芝1800m)、東京新聞杯-JPN3(芝1600m)、東京スポーツ杯3歳S-JPN3(芝1800m)、皐月賞-JPN12着、マイルチャンピオンシップ-JPN12着、安田記念-JPN13着、スプリンターズS-JPN13着

【種牡馬成績】
01 年より供用。カワカミプリンセス(優駿牝馬-JPN1、秋華賞-JPN1、エリザベス女王杯-JPN12着)、ローレルゲレイロ(スプリンターズS-G1、高松宮記念-G1、阪急杯-JPN3、東京新聞杯-JPN3、NHKマイルC-JPN12着、朝日杯フューチュリティS-JPN12着)、キクノアロー(ダイオライト記念-JPN2)、ゴウゴウキリシマ(シンザン記念-JPN3)、キングスゾーン(サマーチャンピオン-JPN3)"
−−−−−−−−−−
【母父】 マヤノトップガン
"【競走成績】
年度代表馬、8勝、有馬記念-JPN1、天皇賞・春-JPN1、菊花賞-JPN1。

【種牡馬成績】
チャクラ(ステイヤーズS-JPN2)、プリサイスマシーン(スワンS-JPN2)、メイショウトウコン(東海S-JPN2)、バンブーユベントス(日経新春杯-JPN2)、トップガンジョー(エプソムC-JPN3)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父マヤノトップガンは、ブライアンズタイム産駒の種牡馬としては、初年度からGI馬を出したタニノギムレットに次ぐ実績を上げています。
芝、ダートともに問題なく、距離も短距離馬から長距離馬まで幅広い産駒を出していて、、活躍馬の中には父同様初勝利まで時間がかかっても、その後持続的に好成績を上げるパターンも目立ちます。裏を返すと総じて晩成気味であり2歳時から目立つ成績を上げる馬は少ないということになりますね。

母母父サンデーサイレンスは、2007年についにリーディングブルードメアサイアーの座を獲得しています。BMSとしては柔らかくしなやかな筋肉と激しい気性を遺伝させると言われていますが、現状ではいずれの特徴も競争能力的にはプラスに働いている場合が多そうです。

母母母父ボールドスキは現役時代27戦7勝の短−中距離馬。
タフな粘りを発揮するニジンスキー系種牡馬で、ベッラレイアのBMSです。

父キングヘイローは、その父80年代のヨーロッパ最強とも言われるダンシングブレーヴで、その母がケンタッキーオークスなどアメリカのG1を7勝した名牝グッバイヘイローという世界的な良血馬です。現役時代は、善戦はするのですが決め手に欠け、その分成績にムラがありました。
一方で、様々な距離で走ってきていたのが産駒にも遺伝子しており、産駒もバラエティに富んだ様々なタイプを輩出しています。
さらに自身と同様に産駒も冬場に強く、夏場に弱い傾向があります。

本馬はヘイローのクロスで、軽いスピードが追加されていますが、ヘイローのクロスは気性難も追加してきますので、本馬は気性のチェックが重要です。
全体としては、スピード持続力があり、スピード値も結構高めなので、芝のマイル−中距離で活躍してくれそうな感じです。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、特定のクロスの効用や相性(ナスキロなど)については勉強不足。というかあまり興味がない。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 鈴木孝志
2010リーディング(8.15現在) 168 位、勝利数 4 勝,勝率 0.061 連帯率 0.061 管理代表馬 プリンセスネージュ

◆楽天馬の評価◆ ★★☆☆☆☆☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 150
胸囲(cm) 170.5
管囲(cm) 19
体重(kg) 385
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 −
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "胸板が厚く、トモを大きく見せる馬体です。
気性はまあまあうるさい感じではないでしょうか。
首差しよく、太さ、長さともちょうど良いと思います。
肩から胸前に立派な筋肉が張り出し、上腕三頭筋も良く発達しています。
肩の角度と胴の感じからマイルくらいまでが良さそうです。
繋ぎの角度が良くて、短めですが、管囲が細く、ここはマイナスです。
胴回りは、牝馬らしく細身で仕上げやすそうですが、幼さが残り、現状かなりトモ高で背垂れ気味です。
トモは大きく見せ、大腿筋膜もまずまず発達しています。
飛節はまずまずしっかりした感じで、後肢の動きもまずまずです。
歩様全体としては非常に欠点が少ない馬です。
馬体サイズは、小さく、体高も低く、現状かなりトモ高の牝馬ですが、早生まれでもありますので、★1つマイナスします。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルは高く、血統構成もまずまずおもしろいです。
トレーナーは少し不安があります。
馬体は小さいですね。バランスは良いと思います。
距離適性は、馬体から短めに出ましたが、血統的には父が強く出たのかもしれません。
価格は、このサイズにしても少し安いでしょうね。
父の人気も加味するとこのくらいになるのでしょうか。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
posted by 楽天馬 at 21:18| 関西馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。